その他取り扱い衛星画像製品SPOT、Pléiades以外にも下記Airbus DS社取扱い衛星画像製品と関連製品を取り扱っております。詳しくはお問い合わせ下さい。

© Airbus DS 2019

Vision-1

Vision-1
VISION-1 © Airbus DS 2019

2018年に打ち上げられ、イギリスで運用されているVision-1はAirbusのコンステレーションを更に強化します。

モードと分解能

  • パンクロマティック: 0.9m
  • マルチスペクトル: 3.5m

スペクトルバンド

  • 4バンド(R/G/B/NIR)

観測幅

  • 20.8km

DMC constellation

DMC constellation
DEIMOS-1 image © Deimos Imaging, an Urthecast Company, Distribution Airbus Defence and Space Limited, 2011

DMCはLandsatと同じコアスペクトルバンドフィルターを使用し、Landsatとの優れた互換性を持ちます。

モードと分解能

  • パンクロマティック: 12m
  • マルチスペクトル: 22m

スペクトルバンド

  • 3バンド(R/G/NIR)

観測幅

  • 620km

Radar Constellation

Radar Constellation
© DLR e.V. 2016, Distribution AIRBUS DS/Airbus DS Geo GmbH

TerraSAR-X、TanDEM-X、PAZで構成されるRadar Constellationは光学衛星と異なり、天候の影響を受けず地表面の観測が可能なレーダー衛星群です。

分解能

  • 0.25m

観測幅

  • 270km

Airbus Ground Control Points(GCPs)

Airbus Ground Control Points(GCPs)

© Airbus DS All rights reserved

Airbus DSのレーダー衛星により取得された高解像度のステレオ画像をもとに作られたGCPsはセンチメートルレベルまでの精度で正確な3D座標をご提供します。
気象条件に依存せず、GCPsは全世界をカバーしています。
GCPsは航空写真、光学衛星画像、ドローンデータの正確なオルソ補正はもちろんのこと、地物の正確な位置特定にも不可欠です。

KazEOSat 1&2

KazEOSat 1&2
KazEOSat © 2014 KGS, Distribution Airbus DS

2014年にAirbus DSで製作され打ち上げられたKazEOSatは解像度の異なる2基で構成されたコンステレーションです。高分解能・中分解能の二つの画像製品をご提供します。

(KazEOSat 1)

モードと分解能

  • パンクロマティック: 1m/ マルチスペクトル: 4m

スペクトルバンド

  • 4バンド(R/G/B/NIR)

観測幅

  • 20km

(KazEOSat 2)

モードと分解能

  • マルチスペクトル: 6.5m

スペクトルバンド

  • 5バンド(R/G/B/Red Edge/NIR)

観測幅

  • 77km