OneAtlas

© Airbus DS All rights reserved

特徴

Airbus DS社のAPIプラットフォームOneAtlasでは、厳選されたSPOT、Pléiadesの膨大なアーカイブをストリーミングでご利用頂けます。
OneAtlas上では下記のような多彩なメニューをご利用可能です。

Living Library(衛星画像アーカイブ)

Airbus DS社の地球観測衛星群によって取得された全世界の衛星画像をWeb、GISソフト上などでご利用頂けます。 ダウンロードも可能な厳選された画像データ(雲量15%以下、入射角30°以内)は毎日更新され、 SPOT1.5m は全世界、Pléiadesは3,000の都市をカバーしています。

Basemap(レイヤー)

衛星画像(SPOT、Pléiades)により作成された、全世界をカバーするシームレスなベースマップです。
One View、One Liveと二つのプランをご用意しております。

解像度 更新頻度 仕様
One View 0.5m(主要都市) 年1回 雲量5-25%以内(都市2-10%以内)、20-30°以内、1-2年以内の画像を使用
※使用画像へのアクセスは出来ません
One Live 0.5m(主要都市) 毎日更新 雲量5-25%以内(都市2-10%以内)、20-30°以内、1-2年以内の画像を使用
※使用画像へのアクセスが可能です

WorldDEM Streaming(レイヤー)

WorldDEM™およびWorldDEM4Orthoのストリーミングサービスです。2D / 3D分析およびレンダリング用に設計されたこちらのレイヤーでは、グローバルなWorldDEM™データベースへアクセスが可能となり、レリーフマップ表示が無制限にできるViewing(WMTS)と、フル解像度でデータにアクセスするためのData Access(WCS)という二つのコンテンツを含んでいます。

Viewing(WMTS):色付けされたレリーフマップを表示して、グローバルなWorldDEMおよびWorldDEM4Orthoデータセットが利用可能。
Data Access(WCS):色付きのラスター画像、陰影起伏、等高線マップを作成可能。