株式会社サテライトイメージマーケティング

SPOTMaps:処理方法

広大なエリアのSPOTMapsの作成を可能とする処理技術

SPOTMapsの処理

広大なエリアのSPOTMapsの作成には大量の画像を自動処理できるPixel Factory™が使用されています。

  • まず、画像は北が垂直軸に沿うよう、大きなパッチワークのように一緒に投入され、起伏と撮影角による歪みが取り除かれます。
  • 2つの画像の境界が事実上見えなくなるようカットラインを決定し、シームレスにします。(通常川や建物沿い) 画像をオーバーラップさせることにより雲も取り除くことができます。
  • 最後に、カラーとコントラストが実際の景観に近くなるよう、全体的に調節します。
SPOTMapsの作成過程の画像 SPOTMapsの作成過程 ©Airbus DS

top