株式会社サテライトイメージマーケティング

SPOTView

地理情報システムや地図作成ソフトで直接利用可能なプロダクト

SPOT5衛星画像 フランス・マルセイユ SPOT5衛星画像 フランス・マルセイユ
© CNES 2005, Distribution Airbus DS

デジタル画像マップ

SPOTViewは最新情報を極めて信頼性の高いプロダクトアンダーレイの形で提供、これを地理情報システム(GIS)や地図作成ソフトで直接利用することができます。

利用分野

  • 古くなったデジタルマップの更新
  • 地図が十分完備していない、または地図が全く存在しない地域の
    地図作成
  • 土地利用地図や天然資源分布図の作成
  • 新規セマティック・レイヤの作成

分解能とスペクトルモード

利用目的に応じた必要なレベルを選択:

白黒 カラー
2.5m 2.5m
5m 5m
10m 10m
20m

処理レベル

必要とする幾何学的品質レベル及び地形タイプに応じて処理レベルを選択できます:

  • オルソ (level 3)

位置精度

通常30m未満(1σ)、但し前処理に使用するGCPまたはDEMの品質に依存する。

Reference3DのDEMを使って作成したレベル3の画像の場合は、10m未満(1σ)

フォーマット

SPOTView はDIMAPフォーマットで提供します。

画像強調処理

利用目的を考慮して選択:

  • SPOTView Basic: 画像処理は一切行いません。データの物理的値は変更されず保存されますのでセマティック解析に威力を発揮します。
  • SPOTView Plus: 画像強調処理を行ったもので、このままアンダーレイプロダクトとして使えます。プロダクトを疑似カラーで作成し、自然景観の色をより忠実にレンダリングすることもできます。

top