株式会社サテライトイメージマーケティング

DIMAPフォーマット

Digital Image Map

プロダクトの使い勝手を更に良くするために

DIMAPは Digital Image Mapを略したもので、2002年中頃SPOT5号打上げに合わせて導入したSPOTの新しいデータフォーマットです。DIMAPはフランスの宇宙機関である CNESとAirbus DS GEO社の共同開発により完成しました。

DIMAP は地理データを記述するパブリックドメインのフォーマットです。主としてラスター画像向けに設計されていますが、ベクターデータもサポートしています。SPOTプロダクトにおいては画像データとメタデータの2部構成になっております。

画像データ

デフォルトは GeoTIFF です。GeoTIFFはTIFF部分とGeo部分からできています。

  • Tagged Image File Format (TIFF)は今日世界中で最もよく使われているフォーマットです。市販ソフトウェアすべてがサポートしているフォーマットなのでインテグレーションが簡単です。
  • Geographic extensions (Geo)部分はすべての GISソフトウェアがサポートしています。Geo 部分は画像ファイルから抽出した地理参照情報(ピクセルサイズや画像左上隅の座標値)をTIFFファイルに追加したもので地図投影法や対応する測地系の記述が入っている場合もあります。

メタデータ

これはXMLフォーマットで記述されています。XMLはHTMLに似た言語ですがその構造はHTML以上に便利にできており、ユーザーが自分だけのキーワードとそれに対応する値を設定することができます。

このほかXMLの利点は標準のインターネット・ブラウザー上で読むことができること、XSLスタイルシートをサポートしていることなどです。XSLスタイルシートは XMLファイルに含まれる情報の変換やフォーマット化に使用します。

top