株式会社サテライトイメージマーケティング

Global Seeps

多くの衛星画像アーカイブ・新規観測画像を使用した海上の石油流出データベース

海上の石油流出データベース

石油の流出情報は石油開発会社にとって、海上の石油自然流出と汚染の検知とモニタリングのために重要です。

探査業界向けリスクランキングツール

モニタリングエリア画像エリアはトータルで6000万km²を超えています
©Airbus DS

Global Seepsは海上の流出油の非独占データベースで、多くの衛星画像アーカイブまたは新規観測画像を使用し、体系的に世界の海上流域を検査して作成されています。

このデータベースには、流出元となる地点、油膜ベクトル、種類と信頼性レベルを含む22,000以上の確認された潜在的な流出油データが入っています。

全てのデータは地方、地域またはグローバルライセンスによって即時入手可能で、お客様のご要望により新規画像撮影も可能です。

主な特徴と利点

  • コスト効率の良い新規探査のためのリスクランキングツール
  • 世界的なカバレッジデータ
  • 全ての流出がキャプチャされていることを保証する 高分解能合成開口レーダー(SAR)データ
  • 油膜の特徴が自然流出と人的汚染を識別
  • 全ての特徴が正確に分類され、ランキングされていることを保証する独自の画像判読
  • 新しいデータと新しいエリアの継続的なアップデート

GISに即時利用可能なデータベース

データベースは以下をご提供いたします:

  • シーンアウトライン、海上気象判読詳細、船舶の交通とリグ/プラットフォーム情報を含む判読結果
  • 流出元となる地点、油膜ベクトル、種類と信頼性レベルを含む流出油の判読結果
  • 分解能100mのフルシーンのデジタルジオコード較正データ
  • 分解能25mの油膜サブセット画像

石油流出検知

石油流出マッピング画像6日分の石油流出をマッピング
©Airbus DS

Global Seepsは衛星データを利用して検査を行います。画像は油膜を識別するために判読されます。その油膜は炭化水素鉱床から自然に流出した場合もあります。

海底の油層から流出した場合、油でコーティングされた小さなガス泡が海面に登ってきて、薄い膜を水上に作ります。この膜が衛星画像によって識別され、地図化されます。

Global Seepsの結果のクオリティを確実にするため、全ての使用された衛星画像は天候との整合性を検査され、少なくとも1エリアにつき2日分の画像が取得されます。最低2日分の画像を使用することにより、各特徴の信頼性の向上や、流出元の特定に役立ちます。

主な利用分野

  • 新規探査に先立つ、コスト効率のよいリスクランキングツール
  • 地震計画と地震探査導入
  • 国境の流域検査と新規探査ライセンス期間
  • 地球化学的サンプリングプログラム計画
  • 石油流出検知と汚染モニタリング
  • 海上及び沿岸の活動評価(船、リグなど)
  • 事前環境リスク評価

top