株式会社サテライトイメージマーケティング

Reference3D

Airbus DS GEOとIGN(フランス国土地理院)が共同開発したグローバルなジオコード・データベース

Reference3D:ジオリファレンスシステム

DEM+オルソレイヤー+品質レイヤー

Airbus DS ©Airbus DS

Reference3DはAirbus DS GEOとIGN(フランス国土地理院)が共同開発したグローバルなジオコード・データベースです。

Reference3Dは3つの情報レイヤーを有しています:

  • DTED level 2 HRS DEM
  • GPSに取り込み可能な HRS オルソ画像
  • 品質及びトレーサビリティメタデータ

高精度の標高データベースを必要とするアプリケーションにとっては欠かすことのできないものです。
Reference3Dの精度と8000万km²のカバレッジは、世界でも無類のプロダクトです。

DEM

SPOT HRSステレオペアの画像相関を自動的に行って取得した対象地域の標高値を一様なメッシュとして格納したファイル。

  • サンプリング間隔: 1 秒 (赤道で~ 30m、緯度により異なる)
  • 絶対的高さ精度: 10 m @ 90%  勾配が20°以下の場合
  • 絶対的平面精度: 10 m @ 90%

HRSオルソ画像

HRS由来のDEMによりオルソ補正を行った画像で幾何学的品質、位置精度ともに高品質です。

  • 絶対的平面精度: 10 m @ 90%
  • サンプリング間隔: 1/6 秒 (赤道で~ 5 m 、 間隔は緯度により異なる)

品質及びトレーサビリティメタデータ

  • データソースの品質指標でDEM及びオルソ画像のリファレンスとフットプリント情報が入っています。
  • DEM(マスク)作成に用いた処理方法について記述しています。
  • 緯度の推定値を記述しています。

サイズ

Reference3Dは緯線と経線上に位置を合わせた 1°x 1° のジオグラフィックタイルとして提供しており、地球の陸地部分をカバーしています。
ひとつのタイルがカバーする面積は赤道部で 111 km x 111 km 相当、緯度が高くなるにつれ減少します。

フォーマット・デリバリー

Reference3DはDIMAPフォーマットで提供されます。
HRS DEM はDTEDのレベル2フォーマットに準拠しています。

迅速なデリバリー:

  • 8000万km²が既に入手可能で、短期でのデリバリーが可能
  • 約500,000km²をカバーするプロダクトが3カ月で手配

データの一貫性

Reference3Dは以下に適した詳細な情報と密接に関連したデータレイヤーをご提供します:

  • 正確な地図の一致(石油産業での利用など)
  • UAV、ミサイル、航空機のための搭載データベース構築、防衛ミッション計画
  • 地図の編纂や更新
  • 既存のデータベースチェック

top